うつ病サプリメント

うつ病の薬なしで治す方法はないのか・・・

 

うつ病の薬を飲んでいるけれどできれば飲まないで治したい

うつ病のような症状があるけれど病院で治療するのは嫌だ

 

できれば、うつ病の薬を飲まないで、いまの症状を何とか治したい、改善したいと思っている方は多いようです。

 

 

実際に、うつ病の薬は飲みたくないという方の、こんな声が質問投稿サイトにも書き込まれています。

 

 

うつ病の薬を飲まないで治せないか・・・

 

  • 精神科でうつ病といわれ、いくつか薬を処方されましたができたらなるべく薬は飲まずに、自宅でうつ病を改善したいと思っています。
  •  

  • うつ状態ですが、抗うつ薬を飲みたくないです。7年、うつ病で薬を飲み続け、今年5月より休職。ストレスもなく、回復してきて、減薬して、8月末より断薬できました。なのに、ここにきてまたうつ状態です。抗うつ薬は、副作用や後遺症を充分知ってます。きつくてできれば飲みたくないのですが、抗うつ薬なしで、何とか治せないものでしょうか?

 

 

うつ病の症状を治したいけれど、薬なしで治す方法がないかと探されている方には、サプリメントで治すという方法もあります。

 

サプリメントでうつ病の症状を治す

 

うつ病の治療は、その重症度によっても対処法や治療薬も変わってきます。

 

ですから、簡単にどんなうつ病の症状でも薬なしで治療できるとは言えませんが、どうしても薬に頼りたくない方には、サプリメントでうつ病の症状を治すこともできるようです。

 

 

サプリメントでは効果がないのでは…
うつ病の薬の代わりにはならないのでは…

 

 

と思われる方もいらっしゃると思いますが、実際にサプリメントを飲まれている方で、効果を実感されてる方も多いようです。

 

 

但しサプリメントといっても、いろんなサプリメントが販売されていますから、『実際にうつ病の症状が治ったという評価のあるサプリメント』を選ぶことが大事です。

 

 

 

うつ病の症状が改善されたという口コミの多いサプリメント

 

うつ病の薬の代わりになっているというサプリメントで、実際に口コミが多く評価も高いのが、メンタル系サプリメントを専門に扱っているリラクルという会社が販売している『リラクミンシリーズ』というサプリメントです。

 

 

実際にサプリメントを飲んでうつ病の症状を治すことができた方のこんな口コミもあるようです。

 

  • 不眠とうつ状態になり、半年ほどメンタル系のお薬を多数服用していました。減薬の補助になればと思い購入してみました。私にはとても合っていたようで、すぐに効果あり!朝までグッスリ寝られました!翌朝もスッキリ起きられます!今ではお薬は飲まず、これだけ服用しています。イライラや憂うつも減りました!
  •  

  • 最近ちょっとしたことで怒りが抑えられなくなったり、精神的に不安定でした。かかりつけの医師に相談して処方してもらった薬を1週間服用しても特に改善しなかったのですが、コレを飲み始めて3日目くらいから落ち着いて物事を考えられるようになりました。
  •  

  • 2年前まで精神科で薬を処方され飲んでいました。副作用がひどいのでやめ、しばらくは良かったのが最近具合が悪くなりこちらを見つけたので半信半疑で注文。まだ5日程度なのに気分爽快に毎日を過ごせています。店長さん自身の経験から開発されたそうですが、同じ思いをしたからこそ良い品が出来たのだと思いました。

 

 

その他の体験談とサプリメントの詳細についてはコチラ

 

 

 

リラクミンシリーズで販売されているサプリメントの中でも、うつ症状の方におすすめなのがリラクミンクリアというサプリメントです。

 



 

憂うつな気分を改善してくれる効果

 

リラクミンクリアは、セントジョーンズワートが主成分の、憂うつな気分を晴れやかにしてくれるサプリメントです。

 

リラクミンクリアの詳細(公式サイト)はコチラ

 

うつ病の症状

 

うつ病の主な症状には感情面での抑うつ気分と、意欲面での興味・喜びの喪失が挙げられます。

 

  1. 抑うつ気分

    気分の落ち込みや、何をしてもすっきりしない気分や、空虚感・悲しさなどの精神的な状態です。似たような症状としては、自分に価値観を感じられなくなる、自殺願望などが挙げられます。

  2.  

  3. 興味・喜びの喪失

    昔は楽しめていたのに楽しみを見い出せず、感情が麻痺した状態です。似たような症状としては、気力の低下、集中力・思考力・決断力の低下があります。

  4.  

  5. 身体的な症状

    食欲がなく何を食べてもおいしくない、性欲の減少や便秘・下痢の症状、不眠、身体がだるく疲れやすいといった身体的な症状がずっと続いて治らない状態です。

 

初期の軽い時期は心よりも、身体的症状が表れます。

 

うつ病の診断

 

うつ病のチェック・診断は問診で病歴などを聞いた上でうつ病の原因を探し治療を進めていきます。

 

以下のようなポイントを聞くことでうつ病のチェック、診断をしていきます。

 

  • どんな症状があるのか
  • いつごろから症状が出てきたか
  • 症状が出てからの変化はあるか
  • 生活環境の変化や事件がなかったか
  • 仕事や人間関係などでストレスを感じてないか
  • 個人の情報(家族構成、学歴職歴、性格、病歴、喫煙、飲食状況など)

 

 

家族の理解や治療への協力も必要になってきます。
また、内科的な検査を行い、病気がないかどうかをみる場合もあります。

うつ病の治療

 

うつ病の治療には以下の様なものがあります。

 

薬物療法

 

うつ病に対しては、抗うつ薬を中心として治療が進められます。抗うつ薬の効果は必ずしも即効的ではなく、効果が明確に現れるには1〜3週間程度の継続した服用が必要になってきます。

 

音楽療法

 

音楽を聞いたり演奏したりする時の生理的・心理的・社会的な効果を応用して、心身の健康の回復、向上をはかります。

 

運動療法

 

運動により生活習慣を改め、ストレスを軽減することで、予防、治療効果を期待することができます。

 

 

うつ病では、6ヶ月程度の治療で回復する症例が、70%程度であるとされ、多くの場合が比較的短い治療期間で回復します。しかし、必ずしもすべての症例で、簡単に治療が成功するわけではなく、うつ病を繰り返す症例もあります。